読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する駐妻@シンガポール

シンガポール在住、フルタイム主婦のつれづれ日記

かしこい旅、エクスペディア

ゲイランで南国フルーツを食べる

ローカルフード挑戦記 駐妻生活

最近つるんでいるシンガポール人の友人たちが「南国フルーツを食べに行こう!」とゲイランに連れて行ってくれました。

オールドエアポートホーカーズで夕飯を食べた後、友人の車でゲイランへGO!ゲイランは有名な赤線地帯ですが、レストランや果物屋も有名とのこと。

f:id:sgkurashi:20170305130131j:image

f:id:sgkurashi:20170305130245j:image

彼が目星をつけた果物屋で果物を選び(私は見てただけ…)、お店の外にあるスペースでひたすら食べる。

f:id:sgkurashi:20170305133351j:image

グアバ、スターフルーツ、チク、水りんご、マンゴスチン、ロンガン、ドラゴンフルーツなどなど。

周りの人たちは皆ドリアンを美味しそうに食べていました。一人で食べている強者欧米人も!見る分にはとっても美味しそうなので、私もドリアン好きに生まれたかった…。

f:id:sgkurashi:20170306011507j:image

大量のお土産を貰い、今日は家で龍眼ロンガンを食べました。ライチみたいで美味しい♡

家計簿@シンガポール 2月

駐在主婦の節約日記 駐妻生活

f:id:sgkurashi:20170228191848j:image

今日で2月も終わり。2月の家計簿を公開します。

今までは食費+日用品と外食費を分けていましたが、今月からは全て纏める事にしました。

予算を1カ月1000ドルと決めて、1週間250ドルを目指しました。

私と主人のお小遣いはそれぞれ500ドルずつ。光熱費と通信費は過去のデポジットから引かれているので実質0でした。

 

《 実際に使った金額 》

○食費(食費+日用品+外食費)…922.07ドル

○私のお小遣い…500ドル

○主人のお小遣い…500ドル

○その他(タクシー代、交通費、クリーニング代など)…32ドル

 

↓ 以外無料  ↓

○電気代…32.29ドル

○水道代…11.82ドル

○wifi+携帯代…96.72ドル

 

毎月夫婦2人で2000ドル位使っているイメージです。(日本円で約16万円)残りは全て貯金にまわしています。

月初めにまず1000ドルを封筒に入れています。支払いは全てそこから。レストランなどではマイルを貯める為にANAカードを使いますが、使った金額をその日のうちに封筒から抜いています。 そうする事で、カードでもいくら使ったか、うやむやにならずにきちんと把握する事ができます。

今月もギリギリ1000ドルに収まったので、しばらくは1000ドルで様子を見ようと思います。

シンガポール人と食べるホーカーフード

ローカルフード挑戦記 駐妻生活 シンガポールごはん

先日、シンガポール人の友達が“私が食べた事のないローカルフードを食べよう会”を開いてくれました。

当初3人の予定が彼の友達も増え、あれよあれよという間に8人に!!とても楽しい会になりました。

f:id:sgkurashi:20170227215708j:image

メニューは全て彼らにおまかせ。手前左から時計回りに

①海老風味のチキンウィング

②焼いたエイ

③豚の内臓

④キャロットケーキ黒

⑤キャロットケーキ白

⑥ポピア

⑦プラウンヌードル

⑧カンコン(空芯菜)のピリ辛炒め

⑨ミニイカの唐揚げ

中の2品は

①オイスターオムレツ(チャークィタオ)

②黒いサラダ!?

私的ヒットは①の海老風味のチキンウィング。最初は結局海老と鶏どっちなの?と思ったけど、とっても美味しかった!

黒いサラダは結局最後まで何かわかりませんでした…。

ごはんの後はデザートの部へ。。

f:id:sgkurashi:20170227221530j:image

シンガポールのかき氷、アイスカチャンやチェンドル、ボボチャチャ、亀ゼリー、揚げパン入りのお汁粉(みたいなもの)などなど。私はココナッツミルクが好きなのでどれも美味しかった!

初めて食べたルビー色の水胡桃(とみんな言ってた)も、見た目は微妙ですが不思議な食感で癖になる感じ。

8人中私以外は全員シンガポール人という不思議な会でしたが、みんなとてもフランクで全く違和感なく溶け込む事ができました。

そして、彼らとじゃないと一生食べる事はなかったであろう物を食べる事ができた事も良かったです。

ホーカーの後はカフェに移動して閉店までおしゃべり。シンガポール人の生態を沢山知る事ができて面白かった!

普通に生活していたらなかなか知り合う事ができない駐妻とシンガポール人。せっかくシンガポールに住んでいるのだから、もっと彼らと仲良くなってシンガポールの色々を教えて貰いたいなと思いました。現地の人と関わる、現地の人の生活を知る。やっぱりそれが本当の意味での『暮らす』という事だと思うから。

 

 

2017年はどこ行こう?

駐妻生活

f:id:sgkurashi:20170227003413j:image

※ヒマラヤ山脈の向こうはチベット

もしかしたら今年で帰任するかもしれないので、これからの旅行先は計画的に決めないとねと主人と話しています。

主人から行きたい所をまとめておくように!と言われたので、妄想がてら考えてみました。

 

《 シンガポールから行ったところ 》

●マレーシア…KL、ランカウイ島、マラッカ、ペナン

f:id:sgkurashi:20170227011911j:image

※ランカウイ島のジ・アンダマンの浜辺バー

●インドネシア…バリ島、ビンタン島

f:id:sgkurashi:20170227010129j:image

※ウブドのコマネカアットビスマのプール

●オーストラリア…パース

f:id:sgkurashi:20170227010359j:image

※スワンリバー

●香港

f:id:sgkurashi:20170227011738j:image

※レパルスベイ

●台湾…台北、九份 

●ベトナム…ホーチミン

f:id:sgkurashi:20170227012222j:image

※ホテルマジェスティックの客室から

●カンボジア…アンコールワット

f:id:sgkurashi:20170227011408j:image

※ベンメリア遺跡

●ネパール…カトマンズ、ナガルコット、パタン

f:id:sgkurashi:20170227012651j:image

※カトマンズの街並み

 

《 2017年に行きたいところ 》

●モルディブ

●スリランカ

●ラオス

●ハノイ

●サムイ島

●ダーウィン

●ブータン

 

チョイスのポイントは、日本からは直行便がなかったり便数が少なかったりと不便な場所であること。

日本に帰ったら旅行先はヨーロッパ・北米方面にシフトして行く予定なので、シンガポールにいるうちに東南アジア・オセアニア方面を攻めておきたい!と思っています。

 

 

シンガポールでしてはいけない事

駐妻生活

f:id:sgkurashi:20170225162914j:image

先日、シンガポール人の友達とごはんを食べに行った時の事。ファストフード店だったので帰る時に(日本人らしく)トレーをゴミ箱に持って行こうとしたら、なにやらおばちゃんが中国語で怒っている。

友達「トレーは下げないでくれ。これが私の仕事だから仕事を取らないでくれ。って言ってる!」

日本では、レストランでなければ食べた物は自分で片付けるのが普通ですよね。マックでもスタバでも、ゴミは自分で片付ける。ついでに次の人の為に机もきちんと拭いて帰る。

当たり前の事過ぎて、シンガポールに来てからもできるだけ自分で捨てるようにしていました。今まで良かれと思ってやっていたけれど、実は仕事を奪っていたなんて。。

確かにシンガポール人は皆ゴミを置き去りにして立ち去ります。見た目も汚いし訝しく思っていたけど、きちんと理由があったんですね。

シンガポールの○○すぎる問題を探してみました。

たわごと

f:id:sgkurashi:20170223200432j:image

シンガポール生活も2年目に突入。初めて来た時のびっくり感覚を忘れつつある今日この頃。最近は何が起こってもあまり驚かない自分がいます。

今日は、そんな感覚を忘れない為にも“シンガポールにおける○○すぎる問題”を探してみました。

 

①ハンバーガー屋がケチャップやチリソースをくれすぎる問題…セットのポテトで大体6個くらい?ケチャップとチリソースの比率は店員による。

②ハンバーガー屋が紙ナプキンをくれすぎる問題…この国にはどうやらエコという感覚が欠落しているようです。10枚くらい、どさっとくれます。気前良すぎ…w

③映画館寒すぎる問題…これは、もう、本当に寒い。私はいつも薄手の畳めるダウンジャケット&モコモコ靴下で装備します。

④スーパーのレジのおばちゃんが優しすぎる問題…プチトマトやイチゴ、袋詰めの野菜など、少しでも傷んでいると『傷んでるから交換して来なさい!』『傷んでるから買うのやめなさい!』とアドバイス。ありがたいけど、私の後ろに行列が…。

⑤距離が近すぎる問題…洋服屋さんとかで、よくラックの洋服を見ていると一緒に同じラックの真横の服を触ってきたりする。

駅のベンチなど、僅かなスペースでも無理矢理座ってきて肌密着など。パーソナルスペースが重要な日本人にはない感覚です。

⑥ゲップの音が大きすぎる問題…これは本当に辛い。特におじさん。人の真横、真後ろ関係なく、所構わずゲップができるその潔さ。本当に凄いと思います。

⑦修理屋が軽装すぎる問題…我が家のコンドには専属?の修理屋さんがいるのですが、彼はびっくりする程荷物が少ないです。いつも持ち物はえ?これで直せるの?!みたいなドライバー2本のみ。当たり前だけど結局1回では直せず、毎回大体2回〜4回に渡ってやってきます。できれば1回で済ませて欲しい。。といつも思います。

 

他にも色々ありそうですが、今日はここまで。日本は色々な事に神経質すぎる気もするので、シンガポールは自由な感じが暮らしやすくもあるんですけどね!シンガポールは日本よりも“○○でなけれはならない”が少ない気がします。

 

シンガポールのスタバが美味しくない問題

たわごと 駐妻生活

f:id:sgkurashi:20170222233305j:image

日本に住んでいた時は、禁煙なのもありスタバをよく利用していました。試験の前や友人とのお茶、デートなどなど。コーヒーチェーンではスタバか(小腹がすいた時は)ドトール派でした。

北米に住んでいた時もよく利用していて、スタバに行けばいつも同じ味に出会えるという安心感がありました。

しかし、シンガポールに来てスタバを利用してみると、ん?なんかイマイチだぞ。と思う事が多々あり。ラテ、タゾチャイ、ほうじ茶ラテ、フラペチーノetc色々試したけどやっぱりなんか美味しくない。というか全然違うー!

マックとスタバは世界共通の味のはずなのになんでだろう?と色々考えて、やっとわかりました。多分、ミルクが違うのかなと。

日本のスタバではミルクはNAKAZAWAを利用しています。我が家は母が昔からお菓子作りにはNAKAZAWAのクリームを使っていたので、スタバでNAKAZAWAのパッケージを見た時は嬉しかったです。まず、他の生クリームと味が確実に違う。

シンガポールでは、フラペチーノの生クリームもコクがなくてスカスカ。タゾチャイもなんか薄くてまずい。私は生クリームにはただならぬ拘りがあるので、本当にいつも残念に思います。

シンガポールに来るまではかなりのスタバラバーでしたが、高いしまずいので最近は全く行かなくなってしまいました。近所のスタバなんて机がゴミだらけでもはやカオス…。

シンガポールではなかなか安くて美味しいカフェが見つからないので、すごく悲しいです。