読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する駐妻

シンガポール在住、フルタイム主婦のつれづれ日記

片付けられない女たち

 

f:id:sgkurashi:20170202162756j:image

日本に一時帰国した時、友人の家にお邪魔しました。話を聞くと、彼女は最近収納アドバイザーに家に来て貰って洋服の整理をしたとのこと。びっくりしました。自分で片付けができない人がいるなんて…。

私は今まで意識した事はなかったけれど、多分ミニマリストなんだと思います。ドミニクさんの『シンプルに生きる』は大好きな本だし、あのような生き方を目指しています。

 

シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わう

シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わう

 

 

一時期“断捨離”なんて言葉が流行りましたが、要は無駄な物が周りにあると本当に大切な物や人、必要な物が見えにくくなるよ。って事なんだと思います。

物を大事にする人は素敵ですが、物に執着する人は美しくありません。なので私は物にはあまり執着していません。

びっくりした私に、彼女はどうしたら物を減らす事ができるの?と聞きました。私は今まで改まって考えた事はなかったけれど、自分が部屋を片付ける上で意識している事を伝えました。

 

①トキメかない物は手離す…ナントカさんの本(読んでない)にも書いてありそうですが、やっぱり基本はトキメくかどうかだと思います。趣味の悪い引出物、貰ったその日に手離します。

 

②いつか着ようはバカ野郎…ファッションってナマモノだと思います。同じように見えても丈や形が絶妙に変わっている。エルメスやシャネルなどの永遠に変わらない美しさのある物以外は潔く処分して、新しい物を身につけた方が気持ちが良い。

 

③死んだ時に残された人の迷惑にならないようにする…本当に必要な物ってどのくらいあるでしょうか。自分を豊かにしてくれる物以外(どこにしまったかもわからないようなもの)は必要のない物なのでは?片付ける人の身にもなってください。

 

④想い出は胸の中に…彼女は物には想い出があるから捨てられない。と言っていました。青春時代の想い出の手紙、元カレからのプレゼント、あの日に着た洋服…etc 私はとりあえず処分して想い出は胸の中にしまっておきます。

 

FBによると、遠い友人が収納アドバイザーになったようです。収納アドバイザーに需要がある事にまたまたびっくりしています。私はどうしてもその手の方々には胡散臭さを感じてしまいます。資格を取っただけで人にアドバイスしようなんて、なんて厚かましい人達なんだろう。。とか思っちゃいます。

私は人に決められて物を捨てて、人に決められて作るインテリアなんてごめんです。ましてやそれにお金を払うなんて…。

 

より少ない生き方 ものを手放して豊かになる

より少ない生き方 ものを手放して豊かになる

  • 作者: ジョシュア・ベッカー,桜田直美
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2016/12/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

今回日本から買って来た本。これを読んで、私もミニマリストを目指します!!