読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅する駐妻

シンガポール在住、フルタイム主婦のつれづれ日記

海外駐在のお金の話

f:id:sgkurashi:20170205143122j:image

最初に言っておきますが、ここに書く事はあくまでも我が家の場合です。日本にいようがシンガポールにいようがどこにいようが、所詮格差はあるものです。全てのシンガポール駐在家庭に当てはまらないのは大前提の上で読んでいただけたらと思います。

 

駐妻になって、専業主婦になって、私は貯蓄に目覚めました。日本ではお金を使う事が楽しかったし、お金を使う機会も沢山あったから。お金を使う事でストレスを発散していた部分もあったかもしれません。

シンガポールに来て、日本にいた時よりも収入が増えました。だけど使い道がない。ストレスもないのでお金を使う必要もない。

私の目標はいつしか『シンガポールでお金は使わない。貯金をして日本で家を建てる。』になりました。

 

“駐在員は駐在中の貯金で家が建つ”は噂なのか。私はそれが噂ではないという事に薄々感づいています。とにかく海外駐在はお金が貯まります。ただし使わなければの話ですが…。

 

今日は『日本で家を建てる。』を目標にしている我が家の貯蓄術を、なぜ貯まるのかも含めてちょこっとご紹介したいと思います。

 

①家賃がかからない

②医療費が無料…よく友人に海外だと医療費高いでしょ?と言われますが、高いかはよくわかりません。サインのみでキャッシュレスなので。ちなみに、日本の保険証もあるので、一時帰国の際は日本でも保険治療が可能。

②一時帰国費用無料…いつもANAかSQを選んでマイルを貯めています。

③ダブルペイ…お給料は日本、シンガポールのダブルペイです。計算すると日本でのお給料の約2〜3倍になります。

④税金ヘブン…日本の税金は勿論かかりませんし、シンガポールもほとんどかかりません。日本に帰国した際は免税で日本食をまとめ買いするので、シンガポールではほとんど日本食は買いません。

⑤出張手当…主人の出張ごとに色々な手当が付きます。これだけで生活費がまかなえる位です。

⑥臨時収入が多い…取引先やらシンガポーリアンの集まりやらでアンパオ(お年玉)や商品券を頂きます。シンガポールでは現金を貰う機会がとても多いです。主人の服や靴などはこの商品券で購入します。

f:id:sgkurashi:20170205210322j:image

※アンパオと商品券

⑦旅費があまりかからない…旅行しまくりな我が家ですが、航空券はマイルを使うので実際に費用はほとんど発生しません。発生しても家計には響かない程度です。

⑧お土産を頂く事が多い…接待や日本からの出張者、友人からお土産をよく頂きます。お菓子、お味噌、お茶、ラーメン、おつまみなどはよく頂くので自分ではほとんど買いません。

⑨語学学校費用会社負担…主人に関しては赴任前+現地。私は現地でのみ。

⑩引越し&クリーニング費用不要…赴任時の引越し、シンガポール内の引越し、日本帰国時の引越し代は全て会社負担です。

 

方式としては、収入は増えるけど支出が減る=貯蓄が増えるという感じです。(当然といっちゃ当然)

シンガポールでは季節がないので、服や靴を買い換える必要がありません。

美味しくてヘルシーなレストランが少ないので家で作る事が増えました。

主人は出張や接待が多いので食費もほとんどかかりません。

近隣諸国への旅行は増えましたが、同じ位マイルも増えるのでWIN WINと考えています。

 

こんな感じで増え続ける駐在中の貯蓄。最近主人ともよく家の話をするので、家を建てる日はそう遠くはないかもしれません。