読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由を暮らす

南国暮らし。自然と旅を愛するフルタイム主婦のつれづれ日記

またまたネパール料理屋さん

旅猿のネパール編を見ていたらネパール料理が急に食べたくなり、前回とはまた別のネパールレストランに行ってみる事にした。

f:id:sgkurashi:20170325004554j:image

場所は安定のリトルインディア。前回のお店の数軒隣。昼過ぎに行ったらお客さんは私以外に1組のみでした。

f:id:sgkurashi:20170325004647j:image

ネパール料理と言いながら、結局急に食べたくなったバターチキンカレーとナンを注文。左にあるのはパパダムという揚げ煎餅のようなもので、ここのは今まで食べた中で一番美味しかった!

f:id:sgkurashi:20170325011733j:image

想像ができな過ぎるデザートメニューも気になる。。

私以外にいたお客さんが帰ると、接客してくれていた感じの良いお姉さんが私の所に来た。定番の「何人?どこに住んでるの?」から始まり、それからずっと閉店まで色々な話をした。

彼女はシンガポール人で、ネパール人の旦那さんがシェフとのこと。料理ができあがると、キッチンから旦那さんが登場し今度は3人でトーク。

「日本人で1人で来るって珍しいわね。日本人は大体集団で来るのよね。

日本人の奥様はいつもみんなでお茶をしてるわよね。日本では旦那さんがお金を払ってくれるんでしょ?羨ましいわぁ私も日本人の旦那さんが欲しいわぁ」と旦那さんの目の前で言っていた 笑

彼女は日本が大好きとの事で、「行きたいけど子供が2人でまだ小さく、旦那さんが怖い(実際はとても穏やかそうな方)から行けないのよ」とも言っていた。

私が「ネパールはとても楽しかったから次はもっとヒマラヤに近いポカラなどに行きたいけれど、主人が休みがなかなか取れないので難しそう」と話すと、「1人で行けばいいじゃない 笑」と。確かにその案もあるけれど、Mr.心配性な旦那なので難しいだろうなと思った。

最後に、「友達はきっとすぐにできるわ!けど、寂しい時はいつでもトゥクパでも食べに来てね!」と言ってくれて、なんだかほっこりとして店を後にした。勝手に友達いないキャラにされてますが w

シンガポール人ってみんな本当に優しい。正直1人が好きなのであまり寂しくはないけれど、ネパール料理が食べたくなったらまた必ずこの店に行こうと思った。お姉さんやご主人にも会いたいし!