読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由を暮らす

南国暮らし。自然と旅を愛するフルタイム主婦のつれづれ日記

シンガポール人が大好きな煮炒って?

f:id:sgkurashi:20170410000152j:image

シンガポール人の友達から「煮炒を食べに行かない?」という誘いを受けて行って来た。煮炒ってなんぞや?と聞いてみると、チリクラブから炒め物、チャーハンやデザートまでなんでも食べられるレストランとのこと。

JUMBOなどの観光客用のお店よりもずっと安くて美味しいから!と言われ、期待を胸に向かったのはUPP CHANGI RD.にあるこちらのお店。

f:id:sgkurashi:20170410001137j:image

f:id:sgkurashi:20170410000553j:image

横には運河が流れていて、なかなか開放的で良い雰囲気 ♪

メニューはもちろん全てお任せ。今回は主人も参戦し、シンガポール人5人+日本人2人の7人での会食となりました。

f:id:sgkurashi:20170410000905j:image

豆腐にひき肉が乗った物、青菜炒め、みんなのお勧めのクラブの塩卵ソース。ソースが濃厚!

f:id:sgkurashi:20170410000906j:image

鹿肉の炒めもの。(シンガポール人は意外と鹿肉が好きみたい)

f:id:sgkurashi:20170410001031j:image

じゃがいもを揚げたコロッケみたいなものやシリアルプラウン、黒いホッケンミーなどなど。

どれもとても美味しくて人数も多かったので一人30ドルとリーズナブルでした。

f:id:sgkurashi:20170410001127j:image

デザートはマッシュポテトに温かいシロップとココナツミルクをかけるものと、

f:id:sgkurashi:20170410001851j:image

メロンとマンゴーのかき氷をみんなでシェア。マッシュポテトが甘すぎず好みでした。

なんだかんだで週一ペースで会っている私たち。シンガポール人は真面目で控え目な性格のせいか、外国人という違和感があまりなく気を遣わずに付き合えるような気がします。感覚も日本人に近いというか。。

次は私が日本から帰国したらスチームボートに連れて行ってくれるそう。彼らのお陰でだいぶローカルフードは制覇したかな?と思っていたけど、まだまだ私の知らないローカルフードは沢山あるみたいです。