読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由を暮らす

南国暮らし。自然と旅を愛するフルタイム主婦のつれづれ日記

駐在中に1000万円以上貯めた私がしている節約法

f:id:sgkurashi:20170519210503j:image

我が家は現在駐在2年目。

日本帰国後の一戸建て建築の為、駐在中の貯金2000万円を目指して頑張っています。

最近は、同じ主婦の方や会計士やFPの方のブログを参考に節約の日々。特に会計士やFPの方のブログは老後への恐怖が高まり良い刺激になります。(年金問題など…)

やはりいざという時に必要なのはキャッシュ。子供がいない駐在中が一番貯められる時期なので、貯められるうちに貯めましょー

今日は、私が日頃やっているシンガポールでの節約術をご紹介します。

 

●ペットボトルのジュース類は買わない

我が家は来星した時からずっと水を沸かした麦茶(青いパッケージ)or黒豆茶(MUJI)を冷蔵庫にストックしています。身体にも良くて一石二鳥。

 

●シンガポールで高い日本食や日用品は一時帰国でまとめ買い

調味料、袋麺、ヘッドの小さい歯ブラシ、コスメ、サランラップは日本で免税でget。仮に余っても帰国後にも使える。日本から家族が来る時はちゃっかり頼む。

 

●タクシーは極力乗らない

主婦は時間だけはあるので、MRTやバスを極力使う。(私が使うのは空港往復くらいかな)

主人は普通に使ってます。。

 

●買い物は決まったスーパーでのみし、ポイントを貯める

パッションカードとISETANメンバーに入会しているので、コールドストレッジかISETANでしか買い物はしません。(ここはかなりストイック)

パッションカードは還元率が高いのでおすすめ。(Guardianでもポイントが貯まる!)

 

●シャンプー、トリートメントはサロン用のレフィルを日本で購入

資生堂のサロン専売品を楽天で購入し、IKEAのディスペンサーに入れ替えて使用。こまめに購入するよりお得。

 

●スタバなどのチェーン店のコーヒー類は買わない

コスパ的に疑問を持つので、人と会うとかでない限りは極力行かない。(日本では割と行く)

喉が渇いたらフレッシュフルーツジュースバー(2.5ドルくらい)か、フードコートのミルクティー(2ドルほど)を飲む。

 

●1週間で食材は使い切る

スーパーに行く時は、最初の1品のみメニューを決めてから。その日に買った材料で1週間メニューを考え食材を使い切ると無駄がない。

 

●気になる高級レストランにはランチで行く

我が家は土日どちらかが外食day。高級レストランはランチで利用するとコスパ◎。

 

●乾燥機は使わない

我が家のバルコニーは日当たりが良いので1日で乾く。乾燥機は電気代が高いので使いません。

 

●湯沸かしは直前にスイッチオン

不動産エージェント曰く、シンガポールは電気代がとても高いらしい?のでシャワー前の湯沸かしは直前にポチッ。(我が家は湯沸かしタイプ)

 

●有料アプリは使わない

有料アプリ、LINEスタンプの類は日本でも今まで買った事がありません。理由は…必要ないから。

英語の勉強の為、Netflixのみ主人が入会してます。(2人まで同料金)

 

●本は買わない

読みたい本は日本人会の図書館で借りるか、どうしても手元に欲しい本は日本のamazonで中古で購入(1円+送料250円で購入可)

新書はルミネ内の本屋さんで5%オフ&免税で。

 

●気が乗らない誘いは断る

私は人間関係にはかなりシビアなタイプ。少しでも気が乗らない誘いは、さらっと断る。楽しくない会に時間とお金と労力を使うのは一番の無駄。

 

こんな感じです。

駐在中の節約ポイントとしては、ハイテンションにならずに普段通りの生活をすること。私はいつも何かをする時は“これは投資になるか”を常に考えます。買い物にしても習い事にしても人付き合いにしても、私にはそこがかなり重要。

貯金をして良かった事は心に余裕が生まれた事。主人や私がもし何かをしたい、と思った時にお金があればすぐ行動に移す事ができます。

母が昔から言っていたのが「固定資産が大切!」という事。30代に突入したので、これからは金融資産の他にも固定資産の取得に力を注ぐつもりです。

あとどれだけ駐在が続くかはわからないけれど、シンガポールにいる限りはこれからも節約生活を続けていきます。